藤原竜也×伊藤英明 意外な初共演「私が殺人犯です」来夏公開

[ 2016年7月14日 05:30 ]

殺人手記を出版した美しき殺人犯を演じる藤原竜也(左)と22年の間、殺人事件を追い続ける刑事を演じる伊藤英明

 俳優藤原竜也(34)と伊藤英明(40)が初共演する。映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」(監督入江悠、来年初夏公開)にダブル主演。藤原が時効を過ぎた殺人を告白する殺人犯、伊藤が事件を22年間追い続けてきた刑事役。2人の対立関係を描くサスペンスエンターテインメント作品だ。

 現在は撤廃された公訴時効が鍵となる物語で、95年に起きた5件の連続殺人事件に始まる。刑事の牧村(伊藤)は必死に犯人を追い詰めるも、未解決のまま時効を迎えてしまう。そして22年後の2017年のある日。曾根崎(藤原)が「私が殺人犯です」という本を突如出版。これが新たな事件の始まりとなり、2人がついに対峙(たいじ)する。

 原作は12年公開の韓国映画「私が殺人犯です」。オリジナルを超えるべく脚本を2年半かけて練り、日本を舞台にした作品に仕上げた。製作サイドは「藤原さんは芝居を一気に沸点に移行させる速度がピカイチ。伊藤さんは事件を追い続けてきた刑事の執念という感情をリアルに体現できる」と起用理由を説明した。

 藤原は「デスノート」、伊藤は「海猿」シリーズと、大ヒットした主演作を持つ。意外にも初共演となり、藤原は「真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたい」、伊藤も「素晴らしいスタッフとともに良い作品づくりをしていきたい」と気合十分だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年7月14日のニュース