武井咲&タッキー「せいせいするほど、愛してる」原作題名が決め手 設定変更の妙

[ 2016年7月12日 09:00 ]

ティファニー・ジャパン全面協力の「せいせいするほど、愛してる」の主演を務める武井咲(C)TBS

 女優の武井咲(22)が主演を務め、“タッキー”の愛称でおなじみの滝沢秀明(34)と初共演するTBSの連続ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(火曜後10・00)は12日、15分拡大でスタートする。同局の伊與田英徳プロデューサー(49)に企画意図を尋ねた。原作のタイトルが魅力的で決め手の1つになったと明かし、ヒロインが勤める会社の設定変更などの経緯を説明した。

 2006~08年に小学館「プチコミック」で連載された北川みゆき氏の同名漫画を原作にした禁断の恋愛ドラマ。ティファニー・ジャパンの広報部に勤める栗原未亜(武井)が、自社の副社長・三好海里(滝沢)と禁断の恋に落ちる姿を描く。

 武井はTBSの連続ドラマ初主演。大人のラブストーリーに挑み、イメージを一新する。滝沢の同局ドラマ出演は「オルトロスの犬」以来7年ぶり。1999年、17歳の時に同局「魔女の条件」に主演。女性教師(松嶋菜々子)に惹かれる高校生に扮したが、今回、17年ぶりに“禁断の愛”を演じる。

 伊與田氏は昨年秋、原作を読み「いろいろなハードルを突き抜ける2人のピュアな思いが上手に描かれていて、49歳のおじさんながら胸がキュンキュンしました」。武井とはデビュー当時から一緒に仕事したいと思いを温めていたところ、今回の役柄がマッチ。「武井さんのピュアな目が以前から大好きで、この難しい大人の恋愛に正面からぶつかり、想いを突き通すお芝居ができるのかは武井さんしかいないと思いました」とオファーし、実現した。

 原作でヒロインが勤めるのは化粧品会社だが、脚本家と台本作りを進める中で「指輪」というアイテムが浮上。ジュエリー会社に変更した。「指輪って、なかなかおもしろいよね、と。男女の絆を象徴するもので、男性からすれば指輪に縛られると思う人もいるかもしれない。一方で、女性はどの指にするかで話が盛り上がったり」。原作の北川氏も「作品のポリシーを変えなければ。女性が輝くための業種なら、構いません」と設定変更を快諾。ジュエリーといえばティファニーと、コラボを持ち掛けたところ、実名による特別協力が決まった。

 脚本は30代の李正美氏、20代後半の渡邉真子氏、20代前半の井上聖司氏と若手3人体制。李氏と渡邉氏はTBS連ドラ・シナリオ大賞出身(李氏=第4回佳作、渡邉氏=第4回大賞)、井上氏はフジテレビ ヤングシナリオ大賞出身(第27回佳作)。伊與田氏は「人を好きになる気持ちは今も昔も変わらないと思いますが、今という時代を切り取るために若い人の感性が必要。若い人たちの間にも僕ら世代と変わらない普遍的なことがあったり、一方で若い人に新しいことを教えてもらったりしながら、うまく台本を作れていると思います」と手応えを感じている。

 タイトルは「インパクトがある原作のものを、そのまま使わせていただきました。もしかしたら初めは、タイトルに惹かれて読んだのかもしれない。違うタイトルだったら、読んでいないかもしれません。『せいせいするほど』という言葉には“愛し切った感”“ストレートな潔い感じ”がある。それがうまく表現できるといいと思います」。

 若者向けの恋愛映画がヒットする一方、テレビドラマのラブストーリーは“受難の時代”とも言われる。「テレビの視聴者の年齢層が全体的に上がっているので、映画のお客さんとの差は出るのかもしれません。でも、おもしろければ見ていただけるんですよ。だから、おもしろいドラマを作るしかない。統計的なことを言う方が多くいるのも事実です。いろいろな壁がある中をドラマの2人がどう突き進むかと一緒で、僕らもいいものを作って“データの壁”を乗り越えたいと思います」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年7月12日のニュース