林家木久扇 親・子・孫3代歌う「空とぶプリンプリン」

[ 2016年6月23日 05:30 ]

孫のコタ(前列左)とクミの後ろでじいじの顔を見せる林家木久扇(中央

 落語家の林家木久扇(78)が親・子・孫3代の共演曲「空とぶプリンプリン」の発売記念イベントを22日、都内で行った。

 長男の林家木久蔵(40)とその長女クミ(9)長男コタ(8)に、作曲した元オフコースの鈴木康博(68)を加えた5人組「木久ちゃんロケッツ」のデビュー曲で、現在NHK「みんなのうた」でオンエアされている。木久扇は「空とぶプリンプリンと掛けて、イチローの野球ととく。その心はヒット、ヒット」と謎掛けでPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年6月23日のニュース