「北の国から」資料館が8月閉館 施設老朽化、来館者減少で…

[ 2016年5月14日 05:30 ]

8月末に閉館する「北の国から資料館」(提供写真、1995年撮影)

 北海道富良野市を舞台にした人気ドラマ「北の国から」の小道具やロケセットなどを展示する「北の国から資料館」(同市)が8月末で閉館することが13日、分かった。施設に利用してきたJR富良野駅前の倉庫が老朽化したことや、来館者の減少が理由という。

 資料館は、ドラマの登場人物のモデルにもなった富良野市の木材会社社長仲世古善雄さん(73)が私財を投じ、住民らと運営してきた。脚本家の倉本聰さんが内装をデザインした館内に、俳優田中邦衛が演じた主人公黒板五郎が暮らした家の室内のロケセットが再現されているほか、小道具や衣装、倉本さん直筆の脚本原稿など約500点を展示している。「若者の来館者もおり、広い世代に共感されるドラマ」と仲世古さん。閉館は苦渋の決断で、今後、別の形での展示を検討したいという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年5月14日のニュース