御意見番的存在のキャスター 小倉氏不在は番組に大きな影響か

[ 2016年5月13日 05:30 ]

今月7日のレジェンド・チャリティー・プロアマに出場していた小倉氏。膀胱がんのため休養に入ることが分かった
Photo By スポニチ

小倉智昭キャスター膀胱がん手術、休養へ

 小倉氏は、親しみやすい語り口と、音楽など幅広いジャンルにわたる博識で、テーマの硬軟を問わず独自の視点で語れる御意見番的存在のキャスターとして安定した人気を誇っている。「とくダネ!」は1999年4月にスタート。各局ともに情報番組を放送する午前8時台が「ワイドショーの戦国時代」と呼ばれる中、民放トップを走る。

 だが午前6、7時台で長年視聴率首位だった「めざましテレビ」が日本テレビ「ZIP!」にここ3カ月抜かれ、8年連続となる年間平均視聴率1位に黄信号がともったともいわれている。「ZIP!」の勢いを受けて、日本テレビ「スッキリ!!」が迫ってくる可能性がある中で、小倉氏の不在が番組へ影響を及ぼす可能性もありそうだ。

 小倉氏の代役は現在ともに出演している笠井信輔アナウンサー(53)が務めるもよう。番組の顔の不在を菊川怜(38)らとともに支えていくことになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年5月13日のニュース