前田健さん、周囲に「心臓悪い」 食事前には“オネエ運動バトル”収録

[ 2016年4月26日 07:30 ]

お笑いタレントの前田健さん

 心肺停止状態で病院に搬送されていたお笑いタレントの前田健(まえだ・けん)さんが26日午前1時36分、死去した。44歳の若さだった。

 不整脈の持病があり、周囲には「心臓が悪い」と説明していた前田さん。24日午後7時15分ごろ、新宿区新宿3丁目の繁華街の路上で突然おう吐した後、倒れた。通りかかった医大生を名乗る男性が心臓マッサージをし、10分後に救急車が到着して心肺停止状態で病院へ搬送。所属事務所は25日に「現在も治療中」と説明していたが、26日未明に息を引き取った。

 倒れる直前には、路上から100メートルほど離れた飲食店で食事をし、自身のツイッターに海の幸のトマトソースパスタとパンの画像をアップしていた。仕事関係者によると、食事の前には、朝から夕方までテレビ朝日のバラエティー番組「ロンドンハーツ」の収録で、“オネエタレント”の仲間たちと50メートル走やリレーに挑んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年4月26日のニュース