上田まりえアナ、フリー転身の勝算 “梨園のアナ”でブレークの予感

[ 2016年4月26日 12:00 ]

フリーの上田まりえアナウンサー

 注目を集めた歌舞伎俳優の片岡愛之助と女優の藤原紀香の結婚会見。司会を務めたのは、元日本テレビの上田まりえアナウンサーだった。結婚会見の進行をするのは初めてといい、緊張の色を隠せない様子。それでもスタッフがひな壇の設営に手間取って会見が一時中断した際も慌てず場をつなぐなど、ソツなくこなした印象だった。

 今年1月に「タレント転向」を宣言した当初は、局の内外で行く末を心配する声が多かった。局アナとしては地味で、決して花形とは言えなかった存在。フリーになって果たして仕事が来るのか。本人も危機感を覚えていたのだろう。退社後に出演した番組では「中華料理店のアルバイトの面接を受けた」と自虐的に話していた。

 しかし、愛之助&紀香の結婚会見で司会する姿を見て、実はフリーアナとして仕事をしていく下地が整っていることに気づいた。

 上田アナがフリー転身後の所属先に選んだのは大手芸能プロダクション「松竹芸能」。「よゐこ」や「ますだおかだ」らが所属しお笑いのイメージが強いが、歌舞伎を制作・興行する「松竹」の子会社だ。今回の大役も松竹グループの縁で彼女に回ってきたとみられ、松竹系列の芸能プロで唯一のフリーアナになった上田アナが歌舞伎俳優の会見やイベントの司会を務めるケースが増えてくるだろう。

 今、フリーの女性アナ枠は飽和状態と言われ、テレビ番組のレギュラー獲得争いが激化している。そんな中、フリーアナを抱える芸能事務所が目をつけているのがイベントやトークショーの司会業。数時間の拘束で数十万円から時には100万円以上のギャラを見込める割のいい仕事だ。特に歌舞伎俳優の会見やイベントは年間を通してコンスタントに開かれる上、注目度も格式も高い。その司会が優先的に回ってくれば、安定した収入が保証される。

 さらに、トークも達者な大物の歌舞伎俳優を相手に経験を積むことも可能。歌舞伎俳優たちと知り合い、人脈を築くチャンスにもなる。

 芸能事務所関係者は「飾らない性格の上田アナは、歌舞伎俳優にも愛されるはず。突然の決断のように見えたけど、実はしっかりと考えた上でのフリー転身だったんじゃないかな」と話す。上田アナが“梨園のアナ”としてブレークする日が来るかもしれない。(記者コラム)

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年4月26日のニュース