「BIGBANG」V.Iが日本映画初出演 EXILEと夢コラボ

[ 2016年4月22日 05:34 ]

韓国組織のボスの息子を演じるV.I

 韓国の人気ユニット「BIGBANG」のV.I(ヴィ・アイ、25)が7月16日公開の映画「HiGH&LOW」(監督久保茂昭)に出演することになった。日本映画に出演するのは初めて。これに先立ち、23日に日本テレビでスタートする同名ドラマのシーズン2(土曜深夜0・55)にも登場する。

 EXILEや弟分グループらによる「EXILE TRIBE」が主要キャストを務める作品。日韓を代表する人気グループによる初のコラボレーションは大きな話題となりそうだ。

 同作は男たちの抗争を描いており、V.Iは韓国組織のボスの息子を演じる。BIGBANGの日本公演では、「安心してください!はいてますよ!」など流行の日本のギャグを披露するなどチャーミングなキャラクターで知られるが、同作では狡猾(こうかつ)で冷酷で残忍な役どころという。

 日本語が達者で、13年の日本テレビドラマ「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」での演技も評価されてキャスティングされた。「オファーをもらった時は“うそでしょ?”って思ったけど、EXILEの皆さんと共演できるのが本当に楽しみで“たまらんかった”という気持ちで凄くうれしかった」と振り返った。

 植野浩之プロデューサーは「V.Iさんがいることで、HiGH&LOWの世界観はより壮大なものになっていきます」と説明。緊張感たっぷりのシーンを演じたV.Iは「僕の役がきっかけでさまざまな事件が起こっていくという映画の中でもキーマン。今まで演じたことがないキャラクターだった」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月22日のニュース