ヒロミ&伊代長男の小園凌央「パパと呼べない」母親には「松本さん」

[ 2016年4月18日 19:33 ]

ヒロミ(左)・松本伊代夫妻

 タレントのヒロミ(51)と松本伊代(50)の長男で俳優の小園凌央(りょお、20)が18日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。MCの俳優・坂上忍(48)とトークを繰り広げ、両親への思いなどを口にした。

 昨年3月に事務所のオーディションに合格。「自分の力を試したかった」と周囲には両親の名前を伏せていたが、合格後に息子であることが判明すると「ボヤというか、事務所がざわついた」と振り返った。

 両親について、母親の松本とは「友達のような感覚」と話し「“松本さん”とか“松っつん”って呼んでいます」と告白。一方、父・ヒロミのことは「一家の大番長」と表現。「尊敬し過ぎて甘えることができず、“パパ”と呼べない」「一線を引いて甘えないようにしている」と打ち明けた。

 そんな小園に対し、坂上はヒロミに生電話をするよう提案。小園が「パパ」と呼びかけると「パパでいいじゃない」と照れ臭そうに話すなど、優しい父親の一面をのぞかせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2016年4月18日のニュース