実家全壊の井上晴美 励ましの言葉に感謝も「もう私たちには何もない」

[ 2016年4月17日 06:56 ]

自宅が全壊したと報告した井上晴美

 実家が全壊したことをブログで明かした熊本県に在住のタレント井上晴美(41)が17日、寄せられた励ましのコメントに感謝した。

 「感謝します」との件名で「皆様本当に励ましのコメント読ませていただいてます ありがとうございます」としたものの、「ただ泣いてるだけでは前に進めないことはわかっているのですが 勝手に涙が出てくるのでどうしようもありません」と辛い状況をつづった。

 井上は4年前から出身地の熊本県に在住。益城町に程近い井上の自宅からは約20キロ離れているが、14日の地震で大きな被害を受けており、15日に「“家はもうダメだ”と父が言った」と明かしていた。16日未明の本震でさらに被害が大きくなったもようで、「自宅に行く だめだった 全壊です」とつづった。

 また、友人から「支援物資送るから何が必要か」と聞かれても「もう私たちには何もないので ただ普通に生活が出来るものがあればいいです朝起きて夜寝るまでの行動が空っぽです 物がありません」。さらに、余震が続くため眠れず「人生再出発どうやって…」と途方に暮れている。だが、3児の母である井上は「ダメだ 強くいなければ 泣くのは子どもが寝てる間だけと決めよう」と自分に言い聞かせるようにつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月17日のニュース