42歳崖っぷち俳優 やめる寸前に初主役!江口カン監督 福岡発「ガチ★星」

[ 2016年4月14日 10:00 ]

「ガチ ★星」の主役を射止めた安部賢一(C)テレビ西日本
Photo By スポニチ

 福岡発として話題を集め、日本民間放送連盟賞テレビドラマ部門優秀賞に輝いた「めんたいぴりり」(2013年8月)「めんたいぴりり2」(15年2月)の監督を務めた映像作家・江口カン氏の新作ドラマが21日から福岡ローカルで放送される。

 テレビ西日本「ガチ★星(がちぼし)」(全4話)で、小倉を舞台に競輪選手を目指す崖っぷちの男を描く。主演は俳優の安部賢一(42)。下積みが長く「今年3月までに大きな仕事が決まらなければ、俳優をあきらめる」覚悟だったが、文字通り、役者人生の崖っぷちで主役の座を射止めた。安部はドラマ初主演。

 江口氏は2009年、相模ゴム工業のコンドームのCM「LOVE DISTANCE」でカンヌ国際広告祭グランプリ(金賞)に輝くなど、その名はCM界にとどろく。昨年は、街中の人たちが突如野球を始めるトヨタ自動車のティーザーCM「TOYOTA G’s Basaball Party」を企画・演出。MLB公式サイトで取り上げられ、タレントの稲村亜美(20)がOL姿で話題の「神スイング」を披露したのも、このCM動画だった。

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)のスピンオフPR動画「ダメ田十勇士」の企画・脚本・演出も担当。動画としては大作(13分9秒)の「ダメ田十勇士」が笑って泣けると評判を呼ぶ中、待望の新作が決まった。

 今回の題材は競輪。2006年秋、福岡ソフトバンクホークスの投手だった濱島(安部)はチームを解雇。妻や子供と離れ、実家のある北九州で自暴自棄な生活を続けていた。親友を裏切り、家族を裏切り、悶々とした日々が続く中、濱島は行きつけのラーメン店で競輪選手になることを勧められる…。

 安部は元別府競輪の選手だった父を持ち、自身も地元・大分で競輪選手を目指したことがあり、今回リアリティーのある演技を披露。「めんたいぴりり」シリーズで主演を務めた博多華丸(46)がラーメン店店主役で出演する。

 江口監督は「男は涙し、女は『男ってバカね』と微笑む…そんな骨太ドラマが見たかったので作りました」と話している。

 「ガチ★星(がちぼし)」の放送は第1話=21日、第2話=28日、第3話=5月5日、第4話=12日。いずれも深夜0時25分からの予定。5月14日午後1時からは2時間、全4話が一挙オンエアされる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月14日のニュース