14歳になった加藤清史郎 シャーロットの“イケメン”絶賛に赤面

[ 2016年4月10日 14:55 ]

「OUR HOUSE」の制作発表会に出席した(前列左から)寺田心、芦田愛菜、松田芹香(後列左から)加藤清史郎、シャーロット・ケイト・フォックス、山本耕史

 元人気子役の俳優・加藤清史郎(14)が10日、湾岸スタジオで行われたフジテレビ系ドラマ「OUR HOUSE」(17日スタート 日曜後9・00)の制作発表会に、主演を務める芦田愛菜(11)、シャーロット・ケイト・フォックス(30)らと共に登場。シャーロットから“イケメン”と容姿を褒められ赤面した。

 同ドラマで4人きょうだいの長男を演じる加藤。イケメンでピアノが得意という役柄だが「とても学校でモテる役で、顔もイケメンということなんですけど、僕は全然モテたりとかしないんでイケメンを演じられるか心配」と謙そんした。

 司会進行役の西山喜久恵アナウンサー(46)が「十分イケメンだと思うんですけれども…」と容姿を褒めると、やりとりを通訳から聞いたシャーロットが激しく同調。シャーロットに太鼓判を押された加藤は「ありがとうございます」と大照れだった。

 また「今までは上にお兄ちゃんかお姉ちゃんがいる役が多かった。でも今回は4人きょうだいの一番上。なのでちゃんと“お兄ちゃん”になれるか最初は不安だった」と撮影に入る前の心境を告白。「ちゃんとできてるかな…」と不安をこぼしたが、弟役の寺田心(7)が「ちゃんとできてます。とっても助かっています」と、はきはきと答え笑いが起こった。

 制作発表会にはこのほかに、山本耕史(39)松田芹香(5)も出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月10日のニュース