浜田雅功 新スポーツバラエティーに意気込み「コアに掘り下げたい」

[ 2016年3月29日 17:55 ]

フジテレビ新番組「スポーツジャングル」囲み取材に出席した宮司愛海アナウンサーと浜田雅功

 ダウンタウンの浜田雅功(52)が29日、フジテレビの新番組「スポーツジャングル」(4月11日スタート、日曜深夜0・25)の初回収録後、都内で囲み取材に応じた。

 スポーツに関わる人々を招き、ディープなスポーツの世界に迫るトークバラエティー。浜田は長きにわたり同局の「ジャンクSPORTS」の司会を務めてきたこともあり、「ずいぶんアスリートとは会って話してなかったので、懐かしくもあり、新鮮でした」と収録を振り返った。

 出ていただきたいアスリートは?と聞かれ「誰でもいい。来てもらってこんな人だったんだって知りたい。コアに掘り下げてみたい」と意欲。アスリートのトークの面白さを「何も考えてないところだと思う。思ったことを言いよる。ウケようと思ってないから面白い」と絶賛。「だってジャンクSPORTSの第1回のゲスト知ってます?ガッツ(石松)とか具志堅(用高)とか“ガラクタ”が集まったんですよ!」と語り「これ続かないな、と思ったけど面白かった。面白い人だと見せるのも我々の仕事」と言い切っていた。

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、同番組で「盛り上げていきたい」と意気込み、「(この番組が)続いてくれればどこかで(開会式に)見切れたいと思います」と東京招致の時に掲げた“公約”の実現を宣言していた。他に同局の宮司愛海アナウンサー(24)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月29日のニュース