長男&次男が来年2月「二人桃太郎」で初舞台 勘九郎「脇汗が…」

[ 2016年3月8日 05:30 ]

急に立ち上がり見えを切った波野哲之(左から2人目)に中村勘九郎(右)や七之助(左)もビックリ(右から2人目は七緒八)

 歌舞伎の中村勘九郎(34)の長男・波野七緒八(5)が中村勘太郎、次男・哲之(2)が中村長三郎(ちょうざぶろう)を名乗り、来年2月、東京・歌舞伎座で初舞台を踏むことになり7日、都内のホテルで発表された。

 2人の子供と一緒に会見に臨んだ勘九郎は「楽しみどころじゃないですよ。今もこんなに脇汗が出てる」と緊張気味。12年に亡くなった十八代目勘三郎さんに日増しに似てきたと評判の七緒八について勘九郎は「ソファで手を上げて寝ている姿がそっくり。父も天国で“いい役者になっておくれよ”と言ってると思う」と感慨深げだ。哲之はマイクで遊ぶなど、無邪気な様子を見せた。

 晴れ舞台は、中村屋ゆかりの「二人桃太郎」。勘九郎も5歳の時、弟の七之助と初めて舞台で披露した思い出の演目となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月8日のニュース