SMAP謝罪は「パワハラ」 BPOに視聴者意見2800件 

[ 2016年2月12日 23:07 ]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の川端和治委員長は12日、人気グループ「SMAP」が生放送で独立騒動を謝罪したフジテレビ系バラエティー番組「SMAP×SMAP」(1月18日)について、同月末までに約2800件の視聴者意見が寄せられたと明らかにした。

 川端委員長は「多かったのは『無理やり謝罪させた』『パワハラだ』といった意見」とした上で「本人たちから被害を受けたと訴えがあれば別だが、放送された内容自体が倫理違反というわけではない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年2月12日のニュース