“ぽっちゃりキャラ”モー娘。鈴木香音が卒業発表!福祉の仕事へ

[ 2016年2月7日 13:45 ]

卒業を発表した「モーニング娘。’16」の鈴木香音

 ぽっちゃりキャラで知られる「モーニング娘。’16」の鈴木香音(17)が7日、今年春のコンサートツアーをもってグループおよび「ハロー!プロジェクト」から卒業することを発表した。

 この日、昨年12月に発売したシングル「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」のCD購入者対象イベントを大阪・森ノ宮ピロティホールで開催。午後1時からの1回目のステージで、本人が報告した。グループの公式サイトでも発表された。

 2011年、モー娘9期メンバーとして加入。“ズッキ”の愛称で親しまれた。食事制限と運動で12キロのダイエットに成功し、その姿勢が評価され、昨年8月には「Oh mywish!」でWセンターに初抜擢された。その1カ月後にはブログでリバウンドを告白するなど、話題を呼んだ。昨年、鈴木から「福祉の仕事に就くための勉強をしていきたい」と申し出があり、話し合いを経て、今回の結論に至った。芸能界は引退する。

 鈴木は自然との共生を啓発するイベント「SATOYAMA&SATOUMI movement」を通じて触れ合う人の笑顔は「とても素敵で、自分もこういう仕事ができたらいいな、と徐々に思うようになりました。『人の役に立つこと』…いろんな形があると思うけれど、これからはまた別の形で人の手助けをしたい、その人に笑顔になってもらいたい、幸せになってもらいたいと強く感じるようになりました」と気持ちの変化を説明。

 「そして、その第一歩として『福祉に関わるお仕事をしたい』という夢に向かうことを決めました。そのためには、人間としてもっとさまざまな経験や勉強をしていかなければならないと思っています。『モーニング娘。の鈴木香音』ではなく『鈴木香音』として、これからを生きていくために、自分自身の新しい夢を叶えるために、卒業という道を選びました」と決断に至った理由を明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年2月7日のニュース