X JAPAN活動一部休止 PATA大腸憩室炎などで入院

[ 2016年2月4日 05:30 ]

写真撮影でXポーズを決める「X JAPAN」の(左から)HEATH、PATA、YOSHIKI、ToshI、SUGIZO

 ロックバンド「X JAPAN」のギタリスト、PATA(50)が先月15日から都内の病院に入院していることが3日、分かった。所属事務所が明らかにした。大腸憩室炎と門脈血栓症と診断され、集中治療室で処置を受けた。快方に向かっているが、食事ができないため点滴で栄養を取っている。

 退院のめどは立っておらず、同バンドは活動を一部休止する。3月12日に予定していた英ウェンブリー・アリーナ公演は来年3月4日に延期。新アルバムは状況を見ながら発売日を決める。リーダーのYOSHIKI(年齢非公表)は「悲しい気持ちで心がいっぱいです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年2月4日のニュース