庄司 ケンカも住宅ローンもミキティーに頭上がらず「頑張ってくれてる」

[ 2016年1月26日 20:24 ]

トークショーに出演した「品川庄司」の品川祐(左)と庄司智春

 お笑いコンビ「品川庄司」が26日、都内で行われた米映画「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」(30日公開)の試写会でトークショーにゲスト出演した。

 40年連れ添った夫婦が主人公の作品のため、芸能界の仲のいい夫婦代表として呼ばれた2人。夫婦円満の秘けつについては、品川祐(43)が「奥さんが天然なのでケンカにならない。でも女性の方が大人で、いなし方を知っていてうまくコントロールしてくれている」と明かした。

 一方の庄司智春(40)はタレントの藤本美貴(30)との間に2児をもうけ「こんな僕を好きでいてくれる。2人の子宝にも恵まれ幸せです」と相変わらずの“ミキティー愛”を強調。時折ケンカもするそうだが、「理詰めでいきたいけれど僕がよくかむので、言い返せなくなると死んだふりをする。そうすると腹が立つんでしょう。馬乗りになって胸倉をつかみ“死んだふりしてんじゃねえよ”って言われます」とノロケ気味に不平を口にした。

 昨年10月末には3億円ともいわれる都内の新居に引っ越したが、「ただでさえ盛られている。1・5(億)くらいですよ。2人で75歳までのローンを組んで頑張っています」と説明。だが、支払い負担は「8:2か、9:1かな。息子もママの家って言っているので、ミキティーが頑張ってくれています。僕が病気で亡くなったりしたらなくなるローンなので、自殺はダメって言われています」と藤本頼りであることを認めた。

 品川はまだ新居を訪れていないそうで、「コンビ内スケジュールがなかなか合わなくて。でも、近々行きますよ。目黒でしょ。これからは品川目黒ですよ」とさらり。これには庄司が「ちょいちょい暴露すんのやめろ」とツッコんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年1月26日のニュース