2015年映画興収は2171億円、アニメ好調で00年以降歴代2位の好成績

[ 2016年1月26日 15:18 ]

邦画トップの興収となった「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(C)LEVEL―5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2014

 日本映画製作者連盟(映連)は26日、2015年の興行収入が2171億1900万円、観客動員が1億6663万人だったと発表した。

 興収は前年比104・9%で、興収発表となった2000年以降で2番目となる好成績。邦画は「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の78億円がトップで、2位の「バケモノの子」(58億5000万円)をはじめトップテンのうち6本をアニメが占めた。

 洋画は「ジュラシック・ワールド」(95億3000万円)、「ベイマックス」(91億8000万円)とシリーズもの、アニメが強さを発揮。邦画と洋画の構成比も55・4%対44・6%となり、11年以降の洋画の盛り返しに拍車をかけた。また、平均入場料金が1303円と、IMAXや4DXなど追加料金が発生する作品に人気が集まったことも、興収を押し上げる結果となった。

 一方の観客動員は、前年比103・4%の微増。映連がかねて掲げている2億人という目標まではまだ長い道のりとなるが、「映画館へ行こう!」実行委員会の委員長も務める岡田裕介会長は、「毎月1日のツイートデーなどいろいろなキャンペーンを行っているが、浸透しきれていない。まだまだ努力が足りない」とさらなる奮起を誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年1月26日のニュース