「魔女の宅急便」高視聴率18・8%!TV13回目も根強い人気

[ 2016年1月25日 09:40 ]

「魔女の宅急便」の1場面(C)1989 角野栄子・二馬力・GN

 宮崎駿監督(74)の名作アニメ映画「魔女の宅急便」が22日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)で4年半ぶりに放送され、平均18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが25日、分かった。

 前回(2011年7月8日)の13・5%から5・3ポイントも上昇。13回目のテレビ放送ながら根強い人気を示した。

 13歳になる年のある満月の夜、魔女の慣例で独り立ちへの旅に出るキキを描く。

 先週15日には「天空の城ラピュタ」が15回目のテレビ放送ながら17・9%を記録。ジブリ作品の“強さ”が数字に表れた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年1月25日のニュース