細川たかし、紅白卒業しない!「声が出るうちは」

[ 2015年12月29日 14:24 ]

「第66回紅白歌合戦」リハーサル後、取材に応えてガッツポーズをつくる細川たかし

「第66回NHK紅白歌合戦」リハーサル

(12月29日 東京・NHKホール)
 39回目の出場となる細川たかし(65)は、来年以降も紅白へ出場すると宣言した。ともに演歌界を盛り上げてきた森進一(68)が、歌手生活50周年の今年を区切りに紅白からの卒業を発表。「北島御大が卒業し、森先輩も卒業する。そう思うと、50というのは嫌な数字だね」としみじみと話した。

 自身の今後については「出るなと言われない限り私は出たいですね。『細川もうやめてくれ』と言われないうちは出たいと思います」と宣言。「声が出るうちは辞めないほうがいいと思います」と持論を語った。「5年後にはオリンピックもありますし、日本全体がもっと明るくなるように頑張りたい」と、今後も歌で元気を与え続けることを約束した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月29日のニュース