紅白リハ始まる 「Sexy Zone」3年連続一番手 五輪カラーで登場

[ 2015年12月29日 09:10 ]

「第66回NHK紅白歌合戦」リハーサルで「瞳」を伸びやかに歌い上げた初出場の大原櫻子。歌唱後「すごい気持ちよかった」と笑顔

 大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」(午後7・15)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。3回目の出場となるSexy Zoneからスタート。3年連続でリハーサルのトップバッターとして「ニッポン Cha―Cha―Cha チャンピオン」を歌唱した。

 Sexy Zoneは、5人それぞれが来年のリオデジャネイロ五輪、そして2020年に控える東京五輪・パラリンピックをイメージさせる5色の衣装で登場。バックダンサーを務めるジャニーズJr.も同じく五輪カラーを身にまとってステージに花を添えた。リハーサル2番目に登場した伍代夏子(54)は「東京五輪音頭」を披露して五輪ムードを盛り上げ、3番手の初出場・大原櫻子(19)は「瞳」を伸びやかに歌い上げた。

 初日だけで40組以上のアーティストがリハーサルに登場。この日から3日間のリハーサルでは出演歌手が順次、音合わせや舞台セットのチェックを行う。29日は午後10時頃まで及ぶ予定。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月29日のニュース