戦後歌謡史の表と裏を名曲とともに語る…小西良太郎氏が著書発売

[ 2015年12月29日 05:30 ]

小西良太郎氏の著書「昭和の歌100 君たちが居て僕が居た」

 スポニチOBで音楽評論家、俳優としても活躍する小西良太郎氏の著書「昭和の歌100 君たちが居て僕が居た」(幻戯書房)が発売された。

 名物芸能記者、音楽プロデューサーとして活躍した同氏が、戦後歌謡史の表と裏を、心に残る名曲とともに語った一冊。“昭和の歌姫”美空ひばりさんの語られざる晩年や、八代亜紀(65)の名曲「舟唄」を作曲家浜圭介さん、作詞家阿久悠さんとともに生み出した秘話などが明かされている。税込み2808円。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月29日のニュース