浪曲師の国本武春さん死去 55歳 「にほんごであそぼ」で人気

[ 2015年12月24日 10:51 ]

浪曲師の国本武春さん=2006年撮影

 NHK・Eテレの子ども番組「にほんごであそぼ」などで人気を集めた浪曲師の国本武春(くにもと・たけはる、本名 加藤武、かとう・たけし)さんが24日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。55歳だった。千葉県出身。

 1960年(昭和35)、浪曲師の両親の間に生まれ、演劇の専門学校を卒業後、東家幸楽に弟子入りし浪曲師に。従来の浪曲のスタイルにとらわれず、ロックやR&Bなどを取り入れた独自のスタイルを確立。CDアルバムを多数発表。舞台にテレビアニメ、バラエティなど幅広く活躍した。

 95年に文化庁芸術祭賞演芸部門新人賞。99年にはNHK大河ドラマ「元禄繚乱」にも出演した。「にほんごであそぼ」ではうなりやベベン役などで人気を博した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年12月24日のニュース