藤村俊二、体調不良で「ぶらり途中下車の旅」降板 後任は小日向文世

[ 2015年12月17日 05:34 ]

「ぶらり途中下車の旅」のナレーションをを降板する藤村俊二(左)と後任の小日向文世

 俳優の藤村俊二(81)が、ナレーションを務めていた日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」を体調不良のため降板することが16日、分かった。後任は俳優の小日向文世(61)で2016年1月9日の放送から出演する。

 藤村は10月末から入退院を繰り返し、現在も入院中。原因不明で検査を続けている。藤村の長男で所属事務所の代表を務める亜実さんは「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事ができないまま、皆さまの前に姿を見せたくない”と言っている」と話した。

 一部週刊誌では芸能界引退も報じられたが「体調を最優先しながら、復帰を目指している」という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月17日のニュース