西川貴教、武井壮の“親近感”に苦笑も「最近カテゴリーが…」

[ 2015年12月14日 06:00 ]

TBS「全世界極限サバイバル 2016」製作発表に出席した(左から)佐野岳、武井壮、西川貴教

 タレントの武井壮(42)、西川貴教(45)が13日、都内でTBSのスペシャル番組「全世界極限サバイバル2016」(1月2日後6・00)の製作発表に出席した。

 同番組は過酷な環境でのサバイバルに挑戦するスペシャルの第3弾。武井は今回3回目ということもありオファーを受け「即座に断りました。もう出ません!って宣言したのに」と恨み節。しかし「熱心にオファーして下さって…苦渋の決断でした」と振り返った。

 西川も「なぜ僕のところに(オファーが)来たのかな」と不思議顔。「ソロになって来年で20周年。もう一度自分を律する意味で(オファーを)受けた。でも周りのスタッフには『意味ない!』って反対された」と告白。サバイバルを終え、いろいろ学んだことがあったが、「音楽にはまったく反映されないかもしれません」と苦笑いだった。

 これを聞いた武井は「西川さんは、同じく袖がないパターンの方なんで、俺はすごい(挑戦が)楽しみ」と西川に親近感を持っている様子。西川も「最近カテゴリーがこっちに(武井寄りに)なってきてる」と苦笑いで認めた。実際「番組の会議でホワイトボードに俺と西川さんの名前が並んでるのよく見ますよ」と武井が明かし、2人とも苦笑いだった。他に「NEWS」の増田貴久(29)、佐野岳(23)も出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月14日のニュース