ラサール石井、生涯東大受験!今年は舞台で無理も「諦めないよ」

[ 2015年11月28日 05:41 ]

舞台「星屑の町~完結編」の取材会を行ったラサール石井

 俳優でタレントのラサール石井(60)が27日、兵庫県西宮市内で舞台「星屑の町~完結編」(来年2月27、28日、兵庫県立芸術文化センター)の取材会を行った。

 大平サブロー(59)ら旧知の仲間との94年の初演以来、一部熱狂的なファンを持つシリーズの9作目。「みんな年を取って、取ったなりの芝居にしたい」と意気込んだ。

 一方、10年に始めた東大受験が本年度はピンチに陥っていることを告白。1月のセンター試験を昨年度を含め過去に3度受け、今年も願書を出して同試験は受けるつもりだが、東大2次試験の前期日程は舞台直前の25、26日という。

 これまでセンター試験の足切りラインに引っ掛かり、2次まで進めていないが「この仕事を受けた時はスケジュールを把握していなかった」とセンターを突破しても2次は断念と明言。それでも「ず~っと挑戦するものだから。諦めないよ」と生涯挑戦を誓っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月28日のニュース