ヒガシ“夢”のアニメ化 仕事人・渡辺小五郎役で「クレしん」出演

[ 2015年11月13日 06:23 ]

 少年隊の東山紀之(49)がアニメで描かれ、テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」(金曜後7・30)の20、27日放送分に出演する。スペシャルドラマ「必殺仕事人2015」(29日後9・00)の主人公・渡辺小五郎として登場。しんのすけから、父ひろしの給料を搾り取る母みさえへの仕置きを頼まれ、奮闘する姿などが描かれる。

 東山は「アニメになるのはひとつの夢。そういう形になったら面白いだろうなとずっと思っていました」と念願がかなって大喜び。「今回は男前のキャラで、非常に目を大きく描いてくれてうれしいですね。デビューしたころは、目が細いキャラとして描かれてばっかりだったので」と話している。

 声優にも挑戦。アフレコ収録では定番ギャグ「ブリブリ~」も披露し「“生ブリブリ”は意外と気持ち良かったです。“ナイスブリブリ”が出ましたよ」と興奮気味。番組は家族で楽しんでいるといい「娘にもかなり自慢できると思いますね。そのうち本物のブリブリを見せたい!」とノリノリだった。

 漫画連載が始まったころからの「しんちゃん」ファン。「5歳児が社会風刺するという、ブラックユーモアを漂わせた作品。“必殺仕事人”も社会風刺という意味では似ているかな。これから毎年、コラボができたらうれしい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年11月13日のニュース