橋本マナミ“凱旋ドラマ”で新境地「普段は愛人キャラですが」

[ 2015年10月28日 14:03 ]

「山形発地域ドラマ 私の青おに」の試写会に出席した、橋本マナミ

 セクシー系タレントの橋本マナミ(31)が28日、都内で行われたNHKBSプレミアム「山形発地域ドラマ 私の青おに」(11月18日、後10・00)の試写会に出席。ケンカ早い性格を自ら暴露した。

 ドラマの内容にちなんで、仲直りの方法を聞かれた橋本は「こう見えて、ケンカはする方。女友達とケンカした時はだいぶ直らない。亀裂が入ったまま」と意外な気質を披露。それでも「男性や愛する人とケンカをした時は、自分から謝りますよ」と“愛人キャラ”ならでは対応を明かした。

 同ドラマ制作の地である山形県出身の橋本は「山形を題材にしてあるし、このドラマの撮影に入る時は楽しみながら取り組みました」と故郷“凱旋”に喜色満面。商店街にあるそば店の若女将役を訛り丸出しで務めたが「普段は愛人キャラとしてやらせていただいているけれど、ドラマでは化粧っ気のない田舎の女将さん役。そのあたりを見てほしい」と新境地開拓に胸を張った。

 同作は、山形県出身の童話作家・浜田広介による名作童話「泣いた赤おに」をモチーフにしたドラマで、主演の村川絵梨(28)のほか、木南晴夏(30)、中島歩(27)、眞島秀和(38)らが出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月28日のニュース