SCANDAL初世界ツアーで崩壊危機も…RINA「あえて公開」

[ 2015年10月13日 10:15 ]

ドキュメンタリー映画の試写会であいさつするSCANDALの(左から)TOMOMI、HARUNA、RINA、MAMI

 人気女性バンド「SCANDAL」が今春に行った初の世界ツアーでバンド崩壊の危機に陥っていたことが分かった。

 17日に公開される自身初のドキュメンタリー映画「HELLO WORLD」にその様子が赤裸々に描かれており、ドラムのRINA(24)は取材に「自分たちの傷としてあえて映画に残した」と明かした。

 危機が訪れたのは5月20日のメキシコ公演の時。練習時間が十分に取れないことに怒りをあらわにしたRINAに対しギターのMAMI(25)らが嫌悪感を示してメンバー間に亀裂が生じた。ツアーは同29日の香港での最終公演まで続行したものの、亀裂は深く帰国後も埋まらなかった。

 RINAは「9年間活動してきた私たちの初めてのけんかだった。それまでお互いの深いところまで掘り下げて言い合ったことがなかった」と告白。この映画を完成させるに当たり、もう一度4人で集まってゆっくり話し合った結果「以前より仲良くなった。“ワールドツアー”を普通に“ツアー”と言えるバンドを目指します」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年10月13日のニュース