釈由美子が結婚 同じ年、沢村一樹似の実業家男性と交際半年で

[ 2015年10月13日 05:30 ]

結婚したことが分かった釈由美子

 女優の釈由美子(37)が結婚したことが12日、分かった。相手は東京、神奈川・横浜、鎌倉でレストランを経営する同じ年齢の実業家男性。10日に婚姻届を提出し、新婚生活を始めている。妊娠はしていないという。

 決め手は父と山だった。男性と出会ったのは今春。知人の紹介で知り合い、交際をスタートさせた。父親が1月10日に肺腺がんにより66歳で他界したばかりで、落ち込んでいたところを励まし、支えたのがこの男性。周囲に「とても真面目で、優しくて誠実な人」と幸せいっぱいに話している。友人は「1メートル80を超える長身で沢村一樹さん似のイケメン」としている。

 NHKBS1「実践!にっぽん百名山」で司会を務め、山ガールとしても人気の釈は、学生時代に山岳部だった父親の影響で、子供のころのレジャーが登山だった。13年に、番組に起用されたことをきっかけに家族での登山を再開。それまで距離があった父親と向き合う時間を増やしたが、その直後に父親を病魔が襲った。晩年の父親との山登りを最高の思い出として、「家族ができたら一緒に登りたい」という夢を釈は持っていた。

 夫となった男性はほとんど山に登ったことがなかったが、釈とともに挑戦。周囲は「仕事が忙しいのに、一緒に登るなんて、それだけ本気で思っているということなんだろうと思った」と話す。釈は「私にとって、山は父」としており、男性が山に同行してくれたことに感激した様子だったという。9月に両家であいさつを交わし、理想のタイプだった優しい男性と人生の登山を決めた。

 結婚した10日は父親の月命日で大安。当日のブログには墓参りをしたことが書かれており、父親の墓前に結婚の報告をしたとみられる。挙式・披露宴は父親の一周忌後で、現在は未定という。

 ◆釈 由美子(しゃく・ゆみこ)1978年(昭53)6月12日、東京都生まれの37歳。97年にグラビアアイドルとしてデビュー。映画「ゴジラ×メカゴジラ」(02年)、テレビ朝日ドラマ「スカイハイ」(03年)などで主演。特技はヨガ、古武道。著書に「山の常識 釈問百答」、「釈ボディ」。家庭菜園を持ち、料理も得意。1メートル64。血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年10月13日のニュース