5年ぶり舞台の北村一輝 稽古で心配に…「周りがあまりにも凄い」

[ 2015年10月8日 13:27 ]

舞台「大逆走」の会見に出席した北村一輝

 俳優の北村一輝(46)が8日、東京・渋谷のシアターコクーンで9日に開幕する舞台「大逆走」(25日まで)の前日会見にヒロインを演じる吉高由里子(27)らと出席した。

 赤堀雅秋氏(44)が作・演出を手掛ける新作で、いい年して大人になり切れないダメな3人の男たちと、ひとクセある不思議な女性たちの一夜の逃亡劇を描く喜劇。北村は主人公の土木作業員・五味を演じ、そんな五味と行動をともにする八田役を大倉孝二(41)、真鍋役を池田成志(53)がそれぞれ演じる。

 北村にとっては5年ぶりの舞台出演。稽古初日を「正直、緊張というか、右も左もわからない、初心に戻った状態だった」と振り返り、「稽古が進んでいくにつれて、普通は安心してくんですが、余計にどんどん心配になっていった。自分の出来なさ加減にアラが見えてきて、本当に気合入れなきゃダメだなって。周りのメンツがあまりにも凄い。その凄さにプレッシャーを感じながら、自分も向上させていかないといけないと」と1カ月に及ぶ稽古を回顧。「できる限り精いっぱい、恥かく覚悟で稽古に臨んでやるだけやった」と初日を前に充実の表情を浮かべ、「あとはもう失敗したらどうごまかすか…そこだけ考えています」と話し、笑わせた。

 最後は「演出的に面白おかしく、未知の空間が舞台で見られると思う。これだけのメンツでできるのは僕もあと数えるほどしかないと思う。それだけ素晴らしいメンツがそろっている。全員で力を合わせて作ったという自信がある。ぜひ見に来ていただきたい」と作品をPRしていた。

 会見には、北村、吉高、大倉、池田のほか、峯村リエ(51)趣里(25)濱田マリ(46)大鷹明良(57)秋山菜津子(51)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月8日のニュース