上原多香子「やっと…」夫の死乗り越え、1年1カ月ぶり仕事復帰

[ 2015年10月8日 05:30 ]

1年1カ月ぶりの仕事復帰となった舞台の終演後のダンスで兄役の宅間孝行と踊る上原多香子

 昨年9月25日に夫でヒップホップグループ「ET―KING」のTENNさん(享年35)を亡くし休養中だったSPEEDの上原多香子(32)が出演する舞台「くちづけ」が7日、東京・池袋のサンシャイン劇場で初日を迎えた。

 上原は昨年9月4日に千秋楽を迎えた舞台「夕―ゆう―」以来、1年1カ月ぶりの仕事復帰。約1カ月間の稽古を積み「楽しくて夢中で稽古をしていた。やっとこの日を迎えられた」と感激。SPEEDの今井絵理子(32)らには「頑張って。見に行くね」とエールを送られたという。

 宅間孝行(45)演じる知的障がい者の妹役。宅間からは「多香ちゃんがいい演技するんですよ。踊ってるだけじゃないぞ、泣かせるぞ」と称賛された。東京公演は18日まで同所で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月8日のニュース