ヤ党バンザイ!40年来のファンさだまさし、三宅裕司も泣いた

[ 2015年10月3日 08:05 ]

さだまさし

ヤクルト14年ぶりV

 ▼さだまさし(40年来のファン)開幕前は不安だったが、ふたを開けてみたら首位打者と打点王とホームラン王がいるチームがいた。不安だった投手陣に館山君が戻ってから、石川君が安定した。それほど仲間とは大切なものだと知った。若いチームの初めての優勝に感動と感謝を贈りたいと思う。実は神宮開幕戦の始球式の時に「日本一」のハチマキを巻いていたので、ひそかに責任と期待を感じていた。ああ、泣いてしまう。飲み明かすぞ。優勝ありがとう!

 ▼三宅裕司 14年ぶりの優勝の瞬間をたくさんのヤクルトファンと一緒に神宮球場で味わえたことを本当にうれしく思います。あらためてプロ野球がこんなにも興奮と感動を与えてくれるものだと実感しました。真中監督と館山投手の涙を見たときは、こらえきれずに人目をはばからず僕も号泣しました。本当におめでとうございます!

 ▼周防正行監督(父親が国鉄職員だったことから根っからのファン)バックネット裏で見てました。雄平の打球が最後、一塁線を破ったときは思わず跳び上がりました。勝つということはやっぱり大変なこと。きょうの試合であらためて感じました。山田や川端らがシーズン通して頑張りましたが、バレンティンが不在の中で畠山が4番を打ち続けたことが何より大きかったと思う。

 ▼剛力彩芽(「ジョア」のCMに出演中)先日、始球式にも参加させていただき本当にうれしい限りです。私の応援はとても微力ですが、これからも、皆さんの力に少しでもなれるように応援させてくださいっ。

 ▼磯山さやか(フジテレビのCS中継でヤクルトの女子マネジャーを務めるなどファン)待ってましたー!女子マネをやらせていただいていたころから10年。そのとき、真中監督はまだ現役でした。まさか就任1年目での優勝とは!信頼あってこそですね。

 ▼為近あんな(神宮球場の年間シートを持つグラビアアイドル)14年ぶりの優勝、自分のことのように本当にうれしいです。ヤクルトファンで良かったって心の底から思います。ヤクルトの選手が打撃部門を総ナメしていて本当にうれしい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月3日のニュース