佐々木健介 息子へ乳がん伝えるために「余命1ヶ月の花嫁」見せた

[ 2015年10月1日 13:12 ]

妻・北斗晶に説得され、ブログを再開した佐々木健介

 元プロレスラーでタレントの佐々木健介(49)が1日、昨年の現役引退と同時に辞めたブログを再開。妻・北斗晶(48)の乳がんを息子2人へ伝えるため、映画「余命1ヶ月の花嫁」のDVDを見せたことを明かした。

 「余命1ヶ月の花嫁」は24歳ながら末期の乳がんにおかされていた主人公・千恵の闘病生活と、その家族の奮闘を描いた物語。以前、夫婦で観賞したことがあり、北斗の乳がんが発覚した時、まず映画のことが頭に浮かび、映画の結末を思い出してしまったという。

 息子2人にすぐには乳がんであることを伝えず苦悩したものの、北斗が入院する10日前の9月13日に病気を伝えることを決意。「大事な話をする前に見て欲しいDVDがある」と2人に「余命1ヶ月の花嫁」を見せ「実はママは映画のこの人と同じ病気なんだよ」と告白した。

 そこで話した言葉は「この映画の子は残念な結果になってしまったけど、死んでしまう可能性もある怖い病気だから、ママも癌に負けないように戦うから、みんなで協力して頑張らなければいけない。みんなで力を合わせないとな!」

 家族全員力を合わせて頑張ることを再確認し「こんな話を真剣に息子達と話すのは24時間テレビのマラソンランナーに選んでいただいた時以来だと思います」と述懐。「みんなで頑張って、俺の妻の、息子達の母の、4人の家族の、命のタスキをつなげるように」とマラソンになぞらえた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年10月1日のニュース