ジミー大西 13キロ減量も大阪マラソン目標タイムは7時間!?

[ 2015年10月1日 09:20 ]

大阪マラソンに向けた公開練習を終え、取材を受けるジミー大西

 10月25日の大阪マラソンにチャリティーアンバサダーとして初出場する画家でタレントのジミー大西(51)が30日、大阪市内で練習を公開した。

 慕っている明石家さんま(60)に「完走しました!」と報告することが目標。ただ、最近マラソン挑戦を伝えようとしたところ、その前に「1週間分の生活費や」と3万円の小遣いを手渡され、結局、報告できなかったことを明らかに。さらに「若(さんま)は42・195キロを楽勝で走った。4、5時間で。遅いって言われるでしょうね」とレース後を思い浮かべながら頭を抱えた。

 1週間に計100キロを走り込むペースでトレーニングを続け、調整は順調。加えて、8月末に85キロあった体重を“目測”で13キロ減量したと胸を張り「目測ですが、今は72か71キロ。完走の自信はある。あと5キロ落とせば」と意気込んだ。

 とはいえ、練習開始前の最長距離は2キロ。「スタジオの入りに間に合わなくて、タクシーも渋滞していたから走った」と周囲を笑わせた。「6時間以内が目標だったけど、絶対無理。7時間が目標」。制限時間オーバー(41キロ関門を5時間57分以内に通過)となるだろう目標を掲げる“天然ボケ”も健在だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年10月1日のニュース