「おもてなし」を世界共通語に!プーケット哲の楽曲配信

[ 2015年10月1日 05:30 ]

 2013年の流行語「おもてなし」を曲名にしたJポップ作品が30日から世界配信された。7月にユニバーサルミュージックがCD発売した曲で、日本人アーティストのプーケット哲(年齢非公表)が歌唱。ゴダイゴなどをプロデュースした山田廣作氏が歌詞を付けた。

 ♪おもてなしは日本の心、おもてなしは世界の言葉…。千利休が残した茶道の極意で、他人をもてなす際の心構えを歌う。海外用に英語版も制作され「ラストサムライ」などハリウッド映画の日本人キャスティングで知られる演出家奈良橋陽子さんが訳詞。サビで「O MO TE NA SHI」の言葉を繰り返し、明るいリズムに乗る。

 「日本おもてなし推進協議会」(古川智子理事長)も公認。山田氏は「来年の伊勢志摩サミットや20年東京五輪に向け、“おもてなし”が世界の共通語になれば」と話している。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月1日のニュース