神田川俊郎氏 岸朝子さんしのぶ「料理界の母。素晴らしい人」

[ 2015年9月29日 07:25 ]

岸朝子さん死去

 岸さんと「料理の鉄人」で共演し、大阪・北新地で開業する日本料理人の神田川俊郎氏(75)は「料理界の母。素晴らしい人でした」としのんだ。昨年4月に亡くなった料理人の周富徳さん(享年71)の葬儀で岸さんに会ったのが最後。「元気そうだったので驚いている」と語った。

 番組で初対面し、22年の付き合い。思い出の一品にブリ料理を挙げ、「“味付けが全然違う。こんな濃い味を食べたことはあまりない”と褒めていただいた」と振り返った。

 料理記者の草分けとして活躍した岸さん。その印象深い言葉として、「“食という字は人を良くすると書く。料理は1に心、2に材料、3に細工(腕前)”と、よくおっしゃっていた」と回想。おなじみのセリフ「おいしゅうございます」に触れ、「おいしくなくても“おいしゅうございます”と言うちゃめっ気のある方」と別れを惜しんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月29日のニュース