しのまり、卒業後初レコーディング ロック調に驚きも「楽しめた」

[ 2015年9月25日 05:55 ]

テレ朝「ワンだランド」用にそれぞれ創作したキャラのぬいぐるみを持つ、関根勤と篠田麻里子

 女優の篠田麻里子(29)が2013年7月にAKB48を卒業して以来、初めてのレコーディングを行った。レギュラー出演しているテレビ朝日のバラエティー「ペットの王国 ワンだランド」(日曜前9・30)の新テーマソング「君がいるだけで」で、リードボーカルを担当。ソロで歌うのはAKB時代のナンバー「プラスティックの唇」以来3年ぶりとなる。CD化などの予定はないが、久しぶりの篠田の歌声はファンの注目を集めそうだ。

 番組は来月4日の放送で丸1年。それを機にテーマソングも一新する。歌詞は篠田と一緒に司会を務めるタレントの関根勤(62)が担当した。♪君がいるだけでニコニコしちゃう、君がいるだけでホンワカしちゃう、というキュートなサビ。関根は「ワンちゃんやネコちゃんを見て、子供もお年寄りもみんな癒やされる雰囲気を出したかった」と話したが、意外に曲はロック調。篠田は「ギターがギュイーンと弾かれているのでびっくりしました」と目を丸くしつつ、「家族みんなでリズムに乗れそうなので、朝から元気が出るかも。私も久しぶりのレコーディングを楽しめました」と笑顔を見せた。

 また、番組のイメージキャラクターも2人が創作。2人とも番組のキャラクターを担当するのは初めてで、篠田は愛犬のマルチーズ「ムッシュ」の顔を家でじっと見ながら描いたという。関根は「女性の目線ならではの可愛さがありますねぇ」と感心。篠田も「女の子なのでリボンとか垂れ目にしているところがポイント」と自画自賛だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年9月25日のニュース