日テレ放送 ラグビーW杯「日本VSスコットランド」視聴率15%

[ 2015年9月25日 05:30 ]

スコットランド戦の前半、モールを押し込みトライを決める日本代表FW陣(左はマフィ)

 日本テレビで23日放送のラグビーW杯「日本×スコットランド」(後10・15)が平均視聴率15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。瞬間最高視聴率は午後11時7分で20・3%。前半32分に日本がゴール近くに攻め込んだ場面だった。

 一方、20日に同局で放送された南アフリカ戦(後1・15)は平均4・9%。こちらは録画放送だった。2011年のニュージーランド大会では、9月10日土曜日の午後2時台の放送だった「日本×フランス」が平均3・5%で最高。同局宣伝部は「今年は桁違いに注目度が上がっています」と分析している。

 またNHK・BS1の南ア戦生中継は平均0・8%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年9月25日のニュース