フジ新音楽番組は“フェス”をイメージ 客入れライブ形式で

[ 2015年9月3日 13:48 ]

「水曜歌謡祭」の司会を務めた森高千里(左)と渡部建

 2日に終了したフジテレビの音楽番組「水曜歌謡祭」(水曜後7・57)が新音楽番組(タイトル未定)としてリニューアルされ、10月16日午後11時30分からスタートする。司会は「水曜歌謡祭」に引き続き、歌手の森高千里(46)とお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(42)が担当。新番組でも年末恒例の大型音楽番組「FNS歌謡祭」の制作スタッフが集結し、音楽フェスの雰囲気が感じられる新感覚の音楽バラエティーを目指す。

 3日に都内のホテルで行われた同局の10月改編会見に出席した板谷栄司プロデューサーは「誰も見たことがない音楽番組を目指す」。同番組は同局で長年放送されていた音楽番組「僕らの音楽」と同じ枠。「『僕らの音楽』の枠となるが、全く違う試みをしてみたい。客を入れたライブ形式を考えており、トークのところでも今までとは違う試みを入れたい」と構想を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年9月3日のニュース