「水曜歌謡祭」後番組はきゃりーMC 地上波ゴールデン初

[ 2015年9月3日 11:30 ]

「水曜歌謡祭」の後番組「世界の何だコレ!?ミステリー」で司会を務めるきゃりーぱみゅぱみゅ

 フジテレビの10月改編会見が3日、東京都内のホテルで行われ、前日2日で終了した「水曜歌謡祭」(水曜後7・57)の後番組は「世界の何だコレ!?ミステリー」(10月スタート、水曜後7・57)に決まったと発表された。

 司会はお笑いコンビ「雨上がり決死隊」、歌手きゃりーぱみゅぱみゅ(22)。きゃりーは地上波ゴールンタイム初MCとなる。

 編成企画を担当する南條祐紀氏は「視聴者の皆さまに、ドキドキとワクワクを体感していただけるよう、世界中を飛び回り、ミステリーの現場を直撃していきます。動画サイトが生活の中に根ざした今、さまざまなミステリー現象の一部分を垣間見ることができるようになりましたが、私たちが番組制作の上で大事にしていることはその“一歩先”に踏み込むこと。一歩踏み込みんで、現地取材したからこそ分かった、不思議なミステリー現象をお楽しみいただければ幸いです」とコメント。

 「現地取材で感じたこと、取材で初めて分かったこと。私たちスタッフが“ハッ”とした現象を、同じ温度感で皆さまに頻繁にミステリー体験をすつことはあまりないと思いますが、今、この瞬間も、広い世界のどこかで起きている、非日常的でまか不思議な現象をお楽しみください」とアピールしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年9月3日のニュース