清原氏 入れ墨は「小さいころからのあこがれ」薬物疑惑は完全否定

[ 2015年8月28日 20:28 ]

清原和博氏

 元プロ野球選手の清原和博氏(48)が28日放送の「ダウンタウンなう」2時間特番(金曜後7・00~8・54)に出演した。

 番組ではダウンタウンと坂上忍が三軒茶屋で、様々な大物芸能人がいる店を回り、ハシゴ酒を敢行。様々な悩みを抱える芸能人ゲストが待ち受けていて、お酒の力を借りてダウンタウン松本人志(51)、浜田雅功(52)と坂上忍(48)にお悩み相談を始める企画で清原氏が登場。

 さっそく、坂上が「清原さんは、入れ墨あるんですか?」と単刀直入で聞くと「ありますよ」と即答。浜田に「なんで入れたん?」と聞かれると「小さいころからのあこがれだった」と理由を明かし「背中一面じゃあないですよ。野球で燃え尽きて…」と語った。

 さらに、浜田が「お前さ、クスリやっているの?」とこちらもズバリ聞くと「風邪薬はやりましたけど…やっぱり、恨みつらみを買っているんですよ。そいつらが言うんです。(クスリは)ないです」と完全否定した。

 だが、“黒い噂”でテレビ出演などもなくなり、周りにいた人もいなくなったという。「去年の誕生日に5通くらいしかメールこなかった。今年は、何じゃこりゃ、ってくらい来て…携帯投げました」と語った。

 さらに松本が「監督やる気あるの?」と聞くと「1回はね。コーチでも何でもいい」と前向き。高校野球の指揮官にも意欲を見せた。だが、それを聞いた坂上が「何で入れ墨入れたんですか!?」と問い詰めたが「自分のやりたいことだから…。それで(高校野球の監督が)ダメなら、それでいいです」と後悔していないことを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年8月28日のニュース