ママ小原正子 フルマラソン初挑戦!夫マック鈴木氏にほれ直させる!

[ 2015年8月24日 05:30 ]

神戸マラソンに挑戦するクワバタオハラの小原正子と夫のマック鈴木、誠希千くん

 11月15日開催の神戸マラソンで、フルマラソンに初挑戦するお笑いコンビ「クワバタオハラ」の小原正子(39)が、母として、妻として臨むレースに向けた熱い思いを吐露した。

 3月に第1子となる長男・誠希千(せいきち)くんを出産したばかり。本番を前にした10月には40代の仲間入りもする。子供の頃から運動嫌いで体力的にも不安は尽きないが、周囲のサポートを受け、必死にトレーニングを積んでいる。

 当初は「えっ?私?無理でしょう!?」という思いだったことを、ABCテレビの同マラソン特番(11月放送予定)ロケが行われた練習中に告白した小原。その後、「子供ができて自分の生活がガラッと変わって、前の私とは180度違う人間になっている気がした。子供が大きくなったときにお母さんこんなに頑張った、みたいなものを見せたいな、という気持ちも自然と出てきた」と、前向きな心境の変化があったことを明かした。

 昨年結婚した元メジャーリーガーの夫、マック鈴木氏(40)には「無理でしょ」と言われる中、「ダンナさんにもう一回、ほれ直してもらえるような、という裏テーマもあります」と秘めた思いも口に。夫とバギーに乗せた愛息が見守る中、神戸市内の自宅近くで走り続けている。

 番組プロデューサーの森崎恵美氏によると、当初は5分走ったら足が痛くなる状態だったが、現在は最長で50分、約6キロを走ることができるようになったという。家族3人で目指すゴール。「“鬼コーチ”の夫と“親衛隊長”の息子に支えられています。今自分ができる力の2倍くらい、精いっぱいやって“目指せ!完走!”です」と笑顔で誓いを立てた。

 特番では大会での内容も含めオンエア。

 ▼マック鈴木氏 夜中に子供が起きることもある不規則な生活の中でも、練習を続けていこうという意思があるのが凄い。ボクは一番近くで頑張りを見ているので、疲れ具合も分かるので、ストレッチやマッサージでフォローしていきます。意志が強いので、最後までやってくれると思います。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年8月24日のニュース