円楽 「笑点」次期司会報道を否定「当事者としては不愉快」

[ 2015年8月9日 08:18 ]

フォトセッションでポーズを取る(前列左から)林家木久扇、桂歌丸、三遊亭好楽(後列左から)林家たい平、三遊亭円楽、三遊亭小遊三、春風亭昇太、山田隆夫

 体調不良のため療養していた落語家の桂歌丸(78)が8日、東京・後楽園ホールで行われた日本テレビの演芸番組「笑点」の収録に約2カ月ぶりに復帰。会見は笑点メンバーも出席し、三遊亭円楽(65)は、歌丸の2カ月ぶりの大喜利の司会について「あうんの空気感はさすが」と絶賛した。

 歌丸の休養中に、一部報道で“次期司会”として名前が挙がったため、「根も葉もないこと。当事者としては不愉快でした」と振り返った。そして「国にお願いしたい」とし、「早く(歌丸を)人間国宝にしてほしい。落語界の宝なんです」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年8月9日のニュース