コブクロ不運…天災で2年連続ライブ出演中止

[ 2015年8月9日 07:20 ]

コブクロ

 男性デュオ「コブクロ」が天災のため2年連続でライブ出演機会を失う“不運”に見舞われた。

 8日午後0時30分ごろから大阪府吹田市の万博記念公園で開かれていた、FM802主催の野外フリーライブ「MEET THE WORLD BEAT2015」。好天に恵まれていたが、突然のゲリラ豪雨で会場がある同市に大雨洪水警報が発表されたため、同局は来客の安全を優先し、同7時終了予定を前倒しし同4時30分ごろに中止を決定した。

 コブクロはトリで登場予定だったが、台風11号接近のため当日朝に中止が決まった昨年に続いて出演がかなわなかった。関係者によると、小渕健太郎(38)は「今年は出演できると思ってたんですが。こんなことあんねんな」とこぼし、黒田俊介(38)は「来年チャレンジしたい」と話していたという。

 開演後、同2時15分からの木村カエラ(30)を過ぎても順調だった。木村は「去年できなかったことを頑張っちゃおう~と思います」とコブクロ同様、出演が消えた昨年のお返しとばかり、9月2日リリースの新曲「EGG」など全7曲を熱唱。ところが山崎まさよし(43)らを経て、東京カランコロンの出番時に降り始め、その歌唱終了を待ち構えたかのように雷を伴う激しい夕立に。結局、BEGINら計4組の出演が取りやめになった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年8月9日のニュース