漫画家・木多康昭氏 作画中に足骨折…「喧嘩稼業」休載へ

[ 2015年7月30日 08:06 ]

 「週刊ヤングマガジン」(講談社)に「喧嘩稼業」を連載している漫画家・木多康昭氏が作画作業中に左足を骨折したため、8月3日発売の36号は休載になった。29日、同誌の公式サイトや公式ツイッターで発表された。

 「作者・木多康昭氏が作画作業中に足を骨折したため、一時的に原稿作業ができない状態になってしまいました」と報告。今月、緊急搬送先の病院で本人が撮影した左足の痛々しい写真をアップしている。

 次回掲載は8月24日発売の39号を予定している。

 担当者のツイッターによると、木多氏は既に退院。治療を続けながら執筆をしているという。「8月24日の連載再開まで長い間お待たせしますが、あきれずお待ちいただけたら、ありがたく存じます」としている。

 「喧嘩稼業」は高校生・佐藤十兵衛を主人公とした格闘漫画。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年7月30日のニュース