海老蔵、観光大使「御案内人」に 成田市と歌舞伎を世界へ発信

[ 2015年7月30日 05:30 ]

任命状を持つ市川海老蔵(右)と記念の絵馬を持つ小泉一成成田市長

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(37)が千葉県成田市の観光大使「御案内人」に任命され、29日、同市で式典に出席した。

 海老蔵ら市川宗家は「成田屋」の屋号を名乗り、代々、成田山新勝寺の本尊である不動明王を信仰するなど、同市とゆかりが深い。海老蔵も子供のころから父の故市川団十郎さんとよく参拝に来ていたといい、「思い出の多い場所なので凄くうれしい」と喜んだ。

 今後は歌舞伎講座など年3回のイベントに出席。同市が作成する成田山新勝寺と歌舞伎の関係を紹介したPR動画にも登場する。動画は成田空港を発着する国際線の航空機内で放映される予定。「成田市に限らず、若い人に歌舞伎や伝統文化を伝えていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月30日のニュース