たんぽぽ・白鳥 体調回復…ファンに謝罪と感謝「幸せな体験でした」

[ 2015年7月28日 10:15 ]

バンジージャンプのギネス記録にドクターストップがかかった「たんぽぽ」の白鳥久美子

 26日のフジテレビ「FNS27時間テレビ2015」でバンジージャンプのギネス記録に挑んだものの、ドクターストップがかかったお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(33)が自身のブログで「体調は良くなりました」と報告した。

 白鳥は27日夜にブログを更新し、「27時間テレビ、ご覧になって下さった皆さまありがとうございました。そして、ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。体調は良くなりました」と体調が回復したことを報告。そして「バンジー10回しか飛べず、ギネスには全然手が届かず、応援して下さった皆さまには申し訳ありませんでした」と視聴者や関係者への謝罪の言葉をつづった。

 相方・川村エミコ(35)が番組放送中に明かした内容によると、「10回連続で飛んでいる途中で具合が悪くなってしまって、ドクターストップになっちゃった」という。それでも白鳥はバンジーで飛んでいる間も声や拍手での応援が力になったと明かし、「たった10回でしたが、今までのどんな環境より、皆さまの声が力になる体験ができました。それはとても幸せな体験でした」とファンに感謝。今回の挑戦はリタイアに終わったが「私はなんにもできませんが、皆さまの一言で力がわいて、立ちすくみそうな時に一歩前に出ることができるんだと思いました。そういうことを教えて下さって、本当にありがとうございます」と今後への糧としていくことを誓っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年7月28日のニュース