日テレ社長 夏ドラマ手応え 「花咲舞」民放トップ

[ 2015年7月28日 05:30 ]

 日本テレビの大久保好男社長(65)が27日、都内の同局で7月の定例会見を行い、7月スタートの連続ドラマについて「おおむね手応えを感じている」と評価した。

 「花咲舞が黙ってない」(水曜後10・00)が14・7%、12・9%、14・7%と抜群の安定感で民放トップ。「デスノート」(日曜後10・30)は16・9%、12・3%、8・7%、10・6%と浮き沈みはあるものの、平均では2桁をキープしている。一方で「他局でも内容がいいのにシングルというものもある」として、テレビ視聴全体の低迷に懸念を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年7月28日のニュース